転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

面接前の服装チェック(今一度再確認)

応募書類が採用担当者の目に留まり、上手く書類審査を通過したら次は面接です。

以前に面接の対策や傾向について説明してきましたが、いざ本番で気をつけなければいけない大前提の話をしたいと思います。

それは外見(見た目)です。

これは一般論ですが、人の印象を決めるにあたって、外見は大きな割合を占めると言われています。自分の好みやこだわりが場合によってはマイナスになってしまうことのないよう、基本となるポイントを確認して、客観的な視点で準備に臨みましょう!

【基本ポイント】

・清潔感があるか?

・きちんとした印象を与えるか?

・好感がもてるか?

  • 男性の場合

・ひげ・・・必ず剃っていきましょう。

・スーツ・・・基本的に上下セット、色は黒・紺・濃いグレーが基本。

・ネクタイ・・・派手すぎず細くないものを選びましょう。色は青・濃紺系のものが基本です。
先端はベルトにかかるくらいの長さにしておきましょう

・ワイシャツ・・・白・薄いブルー等の清潔感のある長袖シャツがベターです。半袖はNG。
迷ったら白の着用をおススメします。
第一ボタンまで留め、袖口が汚れていないか確認を。ボタンダウンのシャツは極力避けましょう。

・ベルト・・・黒またはくろめの茶。靴の色と合っているとベター。

・靴下・・・黒推奨。白ソックス、スポーツソックスはNGです。特にくるぶしまでの靴下は座った時に足首が露出してしまうので、面接官から見てすごくだらしなく見えてしまいます。

・靴・・・派手でなく、つま先の尖りすぎていないものを選びましょう。色は黒・暗めの茶、きちんと磨き、かかとがすり減っていないか確認することを忘れずに。

・アクセサリ・・・「つけない」が基本。ピアス、ブレスレットはNGです。

  • 女性の場合

・メイク・・・派手な印象にならないように気を付け、ナチュラルメイクでまとめましょう。まつ毛エクステションもNGです。

・ネイル・・・するのであれば、ベージュ系や薄いピンク系で控えめにしましょう。

・アクセサリ・・・シンプルで控えめなものを心がけてください。

・スーツ・・・パンツでもスカートでもOKですが、スカートが短すぎないように注意。基本的に上下セット。色は黒・紺・濃いグレーが基本。しわに気を付け、クリーニング直後のものにしましょう。

・インナーシャツ・・・シャツでもカットソーでもOKですが、胸元が空きすぎているものはNG。明るめの色や白で顔映りを良くしましょう。金融業界は白シャツを推奨。

・靴下・・・肌色もしくは黒のストッキング推奨。網タイツ、柄タイツは避け、伝線時の代えを必ず用意しておきましょう。

・靴・・・ヒールが高すぎないものにしましょう。ピンヒール・ミュール・サンダルはNG。装飾が派手でないシンプルなデザインのものを。

【男女共通】

・頭髪・・・前髪が目に掛からず、清潔感のあるスタイルを心がけましょう。必要があれば整髪料等でセットを。色は黒か自然な茶色であればOKです。

・腕時計・・・華麗(高)すぎないものにし、スポーツタイプは避けましょう。

・匂い・・・香水はつけないようにしましょう。また、面接前には歯磨きなどをして清潔を心がけましょう。

・メガネの色、形・・・黒・茶色でシンプルなデザインのものにしましょう。

【参考:持参物】

・履歴書、職務経歴書

自筆指定の際は丁寧な字で。誤字脱字はそれだけでNGです。

特に指定がなければデータを印刷したものでもOKです。

企業から特に指定がない場合でも、履歴書と職務経歴書は持参しておきましょう。

・筆記用具、メモ用紙

筆記用具は派手でないものを。メモは新しいページに記入しましょう。

・鞄

A4以上のサイズで黒を推奨。手ぶらや紙袋、セカンドバック、ショルダーバック、リュックはNGです。

・携帯電話

マナーモードではなく電源OFFが常識です。面接中に着信音が鳴ろうものなら即NGです。

・コート

どんなに冬場の寒い時でも建物に入る前に脱いでおきましょう。ビジネスシーンに相応しいものを着用のこと。

 

ここまではあくまで一般的に言われている常識の範囲での服装心構えです。

細かい話をすると、爪は伸びすぎたままでは不潔だとか、ネクタイが曲がっていると印象が悪いとか、言い出したらきりがないですが、自分から見て印象が悪いと思う箇所は相手も同じことを思っています。注意して準備していきましょう。

関連記事