転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

面接の流れを再確認!

13de490abce8831efc1307d14edb1eaf_s

面接の内容やパターンについて以前より説明してきて、大分イメージができているとは思いますが、実際の面接の流れとビジネスマナーについて再確認しておきましょう。

(1)会場到着
早めに行くのが常識ですが、早すぎてもダメです。
会場入り口に5~10分前に入るようにします。
会場に入る前に携帯の電源をOFFにすることをお忘れなく!
万が一早く着きすぎてしまった場合は、近くのコンビニや喫茶店で面接のイメージトレーニングや応募企業の情報を頭に入れておきましょう。

(2)受付
受付の人がいたら名前を名乗り、面接を受けに来たことを伝えましょう。
受付の人がいない場合は内線電話で事前に訪ね先を聞いているはずなのでその方を呼び出しましょう。
受付や応答してくれる方は面接採用とはまったく関係ない人の場合もありますが、応募企業の一員であることには違いありませんので、好印象を与えるように対応しましょう。

(3)控室
礼儀正しくし、廊下で人と出会ったら目礼する。控え室では、禁煙、飲食、読書、ほかの応募者との話は避けて待つ。
待っている間も気を抜かずに背筋を伸ばして、周囲をきょろきょろ見渡して落ち着きない態度はNG。静かに心を落ち着けて待っていましょう。
その時に、最後の最後まで面接のイメージトレーニングをしましょう。

(4)入室
名前を呼ばれたら「はい」と返事をして立つ。ドアがあれば軽くノックし「失礼します」と声をかけながらドアをあけ、入室する。
後ろ手でドアを閉めるのはマナー違反です。この時ノックして、「どうぞ」と了解を得てから入室してください。
こういったマナーから審査は始まっています。

(5)挨拶
ドアの前で挨拶をします。45度上半身を折り「お辞儀」をして名前を名乗ります。
「本日はお忙しい所、お時間を作っていただきありがとうございます。本日は何卒宜しくお願いします」というお礼の言葉を述べましょう。
書類提出がある場合はこのタイミングで渡します。
もし、面接会場の部屋が広く、入室したドアから面接官まで遠く離れている場合は、「失礼します」といって近づいて行き、ちょうど良い距離になったらお辞儀から入りましょう。

(6)着席
面接官から促されてから着席します。
イスには背もたれとの間に隙間をつくる。大きなバックやカバンは足元の床に置く。手はひざの上にそろえて置くようにしてください。

(7)面接
面接中は背筋を伸ばし、視線を相手の顔全体に向けるようにします。
意識して笑顔をつくり、相手とのコミュニケーションを心がけます。
重要なのは会話のキャッチボールです。
質問に対する回答をしっかり返すようにしてください。

(8)退出
面接が終わったら静かに立ち上り、イスの横でお礼の挨拶をします。
出口で向き直って「失礼します」といって一礼します。その後にドアをゆっくりとしめます。しめる時にお辞儀をしながらしめるのがポイントです。
あくまで面接官の方が上位の立場におり、それなりに役職のある方が面接をしてくれます。そんな多忙な方に30分~1時間程度の時間をとって頂いたことに対する感謝の辞を伝えましょう。

ここまで説明しておいてなんですが、一瞬の出来事のように面接時の時間は流れていきます。気付いたらあっという間に面接終了しているなんてことも有り得ます。
しかし、ここまで説明した通りの流れを把握して、ある程度頭の中でイメージすることが出来ているならば、当日の面接時間はゆっくりと時間を使うことができ、落ち着いて話をすることができるはずです。
また、注意するポイント一つ一つを事前に対策しておくことで、確実に印象に残る対応ができるはずですので、ここまでのおさらいをしっかり行い事前準備をしていきましょう。

関連記事