転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

転職する前に自分が何をしたいのかの整理の仕方

3723c1e0d1d120579a5b75dfe16cc500_s

あなたの転職を決意させたきっかけは何でしょうか?

もっと自分のスキルアップが出来る環境を求めてなのか、人間関係・環境・待遇の不満からなのか、単純に今の仕事が嫌になったのか、人それぞれ理由はあると思います。

スキルアップを求める方も、自分の取り巻く環境が不満な方も、転職理由としては十分な説得力をもっていると思います。

しかし、中途採用をする企業側としては中途半端な理由や曖昧な転職理由を言ってくる志望者に対して厳しくジャッジします。

企業側の立場になったとき、前職を辞めた理由が労働環境や人間関係、待遇であった場合にそれは単なるあなたのわがままではないか?忍耐が足りない人は採用したくありません。また、自身のキャリアアップのために前職を辞めて志望してきた人も、ある程度のレベルに到達するとまた同じことを言って辞めるんじゃないか?と思い採用を避けます。

企業はある程度社会を経験してきて、あるキャリアを積んだ人、そして長期間会社の有益のために働いてくれる人を求めています。

そして、そこに志望者が企業に入社してからのキャリアビジョンと企業側との求めている事がマッチして初めて成立するものだと思います。

つまり、「転職する前に自分が何をしたいのか」を明確にすることが大事です

これは、履歴書や職務経歴書、面接時の自己PR等で必ず自己表現して応募企業側に伝えなければいけない重要なキーワードです。

そして、「転職してから何ができるのか」「この会社でどういうキャリアを積んでいきたいのか」「自分の目指している未来想像図は何なのか」がはっきりとして、誰にでも説明できるようにならなければなりません。

と言いつつ、自身の棚卸しはそんなに難しい話ではありません。

そこは、「転職したい理由」と「転職後のしたい事」をまずはっきり区別してください。

そうすると最後まで軸がブレずに通せることが可能です。

転職したい理由には、主に前職を退職したい理由がほとんどですが、こういう企業で働きたい!という理由もあると思います。

これは、前職退職理由⇒企業志望動機への展開がしやすく説明がつきやすいです。

転職後のしたい事・・・。これが一番頭を悩ませるのではないでしょうか?

現状を脱したい理由は人間必死に考えられるのですが、未来の話になると急に頭を抱えてしまいます。

よく企業からは面接時に「あなたはうちに入って何をしたいの?どうなりたいの?」という質問はほぼ9割以上聞かれます。

これは、企業側からすると前職を退職する理由なんかよりもよっぽど大事なことであり、一番聞きたい内容です。そしてそこにあなた自身の熱意を込められるポイントでもあります。

その時、コツとしては転職する前のまさに今働いている会社で、新しい事業や新規分野開拓を始めることになった時、あなたはまず何をしますか?

市場調査、競合他社調査、新規性、将来性があるか、現実可能かどうかを検討・調査するのではないかと思います。

実は、新しい環境(企業)で何かを行う(チャレンジする)ことは上述とまったく同じことなのです。

そして、例え本筋は間違っていたり遠回りだとしても、それを自身が絶対やり遂げるんだという心構えをもっていることが重要なのです。

その自信になるのが、現在までの自分のキャリアでありスキルです。

これは経験こそ最大の武器になりますので、是非小さいことでも良いので自分が経験してきたことを整理しておきましょう

そして、その中でどの部分を発展させていくのか、または長所をひたすら伸ばしていくのか等の方針をある程度決めましょう。

そうすることで自身のキャリアの棚卸しがしやすくなり、自分のやりたい事とマッチする企業が見つかった時、それほど苦労せずに志望理由や将来のビジョンについて意志表示できるはずです。

まずは、机に向ってメモ書きとペンでよいので、自分の学生時代から会社に入り転職にいたるまでの軌跡を箇条書きでよいので書き出し、自分という人間はどういう人間なのかを第三者的な立場で捉えてみてください。

転職する際には、自分がどんな人間(商材)なのかを理解すること、自分と向き合うことが出来る良いチャンスですので、しっかりと整理をして頂きたいと思います。

関連記事