転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

筆記試験対策は日々の積み重ね

採用試験に対して、書類審査・面接審査の対策を数多く説明してまいりましたが、ここで一言『書類選考、面接だけが試験だと思うな!』です。

中途採用で面接を最重要視している会社は多いですが、それだけでは決まりません。

面接の前に書類選考が必ずあり、履歴書や職務経歴書を提出させられます。さらに面接時に筆記試験や実技試験を行う会社もあるのです。

たとえば、会社説明会といわれて、説明を聞くのだけのつもりが筆記試験を受けさせられて焦った、という話をよく聞きます。面接対策だけでOKという転職では、とても成功しません。テストの有無については、どんなテストかは別にしても「ある」ことを前提に臨みましょう。

面接以外のテストで最も多いのが「一般常識」を問う筆記試験です。漢字の読み書きや計算、時事問題など、普通に新聞を読んでいれば問題で、社会人としての基礎知識を身につけているかを見るものです。自信をもって冷静に臨めば大丈夫です。

【筆記・実技試験の書類と対策】

・一般常識試験

漢字の読み書き、簡単な計算、地理、歴史用語、時事問題、流行語、英語、政治・経済、法律関係、社会現象、科学知識、ビジネスマナー、スポーツ、芸能、業界に関する知識など、傾向は企業によって異なりますが、浅くて広い知識が試されます。

対策としては、社会人として普通に生活していれば自然と身に付く知識。転職を意識始めたら特に新聞を丁寧に読むよう心がけよう。問題数が多いと覚悟し、わかるところから手をつけること。思いだせないものは後回しにして回答できるものをおさえていきましょう。

・専門知識試験

エキスパートを求める場合に課す試験で、技術職をはじめ、専門知識が必要なあらゆる職種で行われる。形式もさまざまで、選択式の出題もあれば、「~について記せ」といった記述式の設問もある。実際の業務に近い問題を出す会社もあり、ほとんど実技試験を課しているかのようである。

対策としては、新しい知識を覚えるより、試験に臨む前に自分が使っている専門的な用語をチェックすることが大事。入門書などをおさらいしておくと、用語や基礎知識の復習になり、安心できる。

・作文試験

企画・制作に関する職種で行われることが多い。あるテーマに沿って400~800文字程度の文章を書く試験が多く、文章構成能力や論理性、表現力が試される。その場で書かされるだけでなく、応募書類のひとつとして提出を求められることもある。

対策としては、応募書類として提出を義務づけられなくても、「入社後にしたいこと」や「私がやってみたい企画」「作ってみたい商品」なでのテーマで一度書いてみること。自分の目指す方向性を自覚し、それを文章にする訓練をしておくと、面接でも役に立つと思います。しかし、誤字、脱字、しゃべり言葉の乱用にも注意しておくこと。

また、企業オリジナル試験を用いずにSPISCOAなどを使用することもしばしあります。

その対策は書店などで練習・演習用の問題集があると思いますので、そちらで事前復習をすることをおススメします。

但し、勘違いしないでほしいのが、筆記試験が100点満点だったとしても面接試験やその他の項目で不採用となる可能性は大いにあります。

むしろ面接がほぼ9割くらいの重要度を占めているといってもいいでしょう。

なので、事前対策としては広く浅く傾向を掴んでおく程度にしておきましょう。

まれにWEB試験を各自行ってくださいと応募企業より指示うける場合がありますので、家のネット環境は整備した方がよいかもしれません。もし、それだけのために新設するのが大変な場合はネットカフェなどを活用して対応しましょう。

携帯やタブレットで対応もできますが、企業によってはマイクロソフトのワードやエクセルを使う可能性もあるため、PCを使用できる環境下を整えておきましょう。

関連記事