転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

内定から入社まで

これまでに転職活動をスタートするにあたり、用意することイメージすること、そしていざ面接試験の対策を力を入れてHowToを紹介してきましたが、あなたの努力が見事に実り応募企業から内定が出てからの流れを把握しておきましょう

そもそも内定通知はどのくらいにでるのでしょうか?

これは企業によって様々ですが、およそ3日から1週間以内には何かしらの連絡は来ます。人によっては補欠繰り上げのような状況で内定通知がでたのが1か月後なんてケースも稀にありますのでご注意を!

しかし、一般的には合否判定は1週間以内には通知するというのがスタンダードな傾向かと思いますが、1週間以上連絡が無い場合はこちら側から何時ぐらいに連絡を頂けるのか応募企業の担当者窓口の人に連絡をするのもありかと思います。

内定が出た場合の回答は、面接を受けたすべての会社に電話で済ませたのち、挨拶状を出しましょう。特に、内定辞退をした会社には丁寧お詫びの手紙を出すことをおススメします。縁がなく不採用になった会社にもお礼の手紙を出すのが社会人としてのマナーです。転職エージェントサイトを利用している場合は、エージェント担当者に企業へのお礼などの言伝をお願いしておきましょう。

ここで悩み所なのが、「内定を断りたい時」です。

内定の通知後に、入社を辞退しなければならないこともあるでしょう。その場合、早急に採用担当者に連絡をしましょう。企業側は、採用を決めたらすぐにあなたの入社準備を始めます。入社辞退になれば、企業側に迷惑がかかります。

言うまでもないことですが、断りの電話をかける際は、出来る限りの丁重さで、誠心誠意謝ることが大切です。

ワンポイントアドバイス

【入社承諾の場合】

郵便での内定通知に対しては、当日ないしは翌日に電話をし、入社の意志を伝えることが大事。お礼や今後の指導を願う言葉も添えよう。電話で通知があった場合は、お礼を述べるにとどめて即答を避け、返事は翌日こちら側からするようにする。

【返事を保留したい場合】

ほかの会社からの通知を待っている時でも、お願い形式で保留にさせてもらうように交渉する。但し、企業によっては保留を応じない場合もある。入社する意思があることをどれだけにじませられるかがカギとなる。

【内定を辞退したい場合】

辞退するには理由が必要です。

相手も辞退するにはそれなりの理由があると思っていることを忘れないこと!

「都合が悪くなりましたので」で納得してくれればいいですが、突っ込まれて聞かれた場合に他社に対する動向は隠さず、「●●社が是非にと言ってくださり、私として熟考した上で申し訳ないですが、●●社のほうの内定を受けることと決心しました。御社のご意向に背く形となり大変申し訳ありません」

と正直ベースに回答しましょう。

注意してほしいのが内定辞退の通知は承諾する時よりも早いタイミングで連絡をすること。

内定後にする大切な「労働契約」について必ず取り交わすようにしましょう。

「労働基準法」では、会社は従業員を採用する時に給与や労働時間、就業場所、業務内容、休日・休暇などの労働条件を文書で提示したうえでの契約が義務づけられています。

希望する企業に入社できるからと、細かいことは後回しにしないで労働条件は必ず文書化してもらいましょう。

 

さあ!心は新しい会社へ向かって動き出します。

現職との退職交渉をきっちり済ませ、転職先に連絡をして円満退職したことを伝えましょう。担当者とは退職前からもこまめに連絡をとり、退職までの経過を報告し、相談にのってもらうなどのコミュニケーションを密にとりましょう。

新しい会社へ初出社するときは、何が起きるか分かりませんので決められた出社時間の10分前までには出社をしましょう。

最後に、もうあなたは会社の一員となっているワケですから、転職活動の時の気持ちとは切替えて、職業規則に目を遠し、職場の一員として、1日も早く会社のルールに慣れるよう努めましょう。