転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

企業への質問

1次~最終面接までのどのフェーズでも面接官から最後に「何か質問はありますか?」と必ず聞かれます。

この時にする質問内容と質問数によって、企業に対してどこまで真剣に考えているのかがアピールできるチャンスタイムです。

この時、なんでもかんでも質問すれば良いというワケではありません。

逆に「事前調査してないな。あまり興味ないのかな?」と面接官に思われてしまう可能性もあります。

面接官によっては「そんなネットや雑誌で調べれば分かるレベルの質問をするなんておかしいよ?」と指摘されてしまう事もあります。

また、質問しないのもやる気や企業への応募に対する本気度が疑われることもあるので、何かしらの質問を用意しておく必要があります。

ここで、面接官が応募者の質問に対する審査ポイントは

・企業選びのために知ろうとする点は納得でき妥当か(的外れな質問になっていないか)

・自社に対しての興味はどの程度か(質問の内容・順番、意欲の強さはどの程度か)

です。

次のことを意識してまとめていくことをおススメします。

・その企業で働くことをイメージし、具体化できない点を質問する。

・質問は事前に5以上を目安に用意する(手帳などに事前に記載しておくとよい)

・面接官の立場にあった質問を心がける。

・企業選びの軸や大切なポイントは必ず確認する。

・会社の理念・ビジョン、会社の事業、人や仕事内容について質問する

 (福利厚生や残業時間などの答えにくい内容は後日転職エージェント経由で確認する)

この中で福利厚生面や残業時間などの質問は注意が必要です。

待遇面が判断基準になっているという印象を持たれるため、応募者の意欲を疑われる可能性があります。(でも、しっかり聞いておきたい内容ではありますよね・・・。)

こういった聞きにくい内容は転職エージェント経由で聞くようにしましょう。彼らはプロなので上手い言い回しで聞き出してくれるのであたりさわり無いので安心です。

また、選考が進んで「もう質問する内容が無くなってしまった」というような場合は、単に「ありません」ではなく、「これまで伺った内容で解消しています」等、「あったけど今は大丈夫」といった前向きな姿勢を見せましょう。

もしくは一度聞いた内容でも「前回確認させて頂いた○○の件ですが、お手数ですが再確認のためにもう一度伺っても宜しいでしょうか?」といった形で質問するのもアリだと思います。

2次面接以降の質問は、それまでの面接で知った情報を織り交ぜながら質問することも有効です。

例えば「1次面接の際に、『社員同士を尊重し合う社風がある』というお話を伺い、非常に興味を持ったのですが、その他にも御社に特徴的な社風や風土があれば、教えていただきますでしょうか?」といった形です。

また、注意しなればならないのは「~を教えてください」の丸投げ質問はNGです。

他力本願的な印象を与えてしまう可能性大です。

自分の想い・考えも述べた上で、面接官の意見を伺うようにしてください。

 

最後にOK質問、NG質問の例を紹介します。

質問内容【教育・研修制度の内容・詳細について】

NG質問:入社後の教育・研修は何をしてくれるのでしょうか?

→受け身スタイルを企業側は嫌います。本来仕事とは自分でつかんでいくものですので、やってもらうではなく、自分でやっていくという前向きな姿勢でなければなりません。

OK質問:不明な点は先輩方に指導頂きながら自身でも学んでいきたいと思いますが、入社後、御社の皆様がどのような教育・研修を経てから独り立ちされるのか教えて頂けますでしょうか?

質問内容【競合との差別化・自社の強みについて】

NG質問:競合他社と比べて、御社の強みは何ですか?

→一方的に聞くだけでは何も考えてない、事前調査を怠っている印象を与え、企業に対する応募意欲を疑われてしまいます。あくまで世に出ている情報からは調査しきれない内容を自社を熟知している面接官から聞くという流れを認識してください。

OK質問:御社の強みを○○と認識しておりますが、他にも御社の強みとなる点があれば教えて頂けますでしょうか?

関連記事