転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

転職グセがつかないために

ここまでに転職するための方法やいざ転職活動の内容について説明してきましたが、気を付けて頂きたい「転職グセ」がつかないために注意して欲しいことをおさらいしておきましょう。

そもそも、現在の会社に対しての不平・不満だけを胸に会社を辞めて転職しようとしてもなかなかうまくいくはずがありません。

転職するにあたり応募企業への採用担当者にその思いを見透かされて雇ってもらえないという事態になりかねませんし、例え採用してくれる会社があったとしても、その後その会社に対する不満が出てくると、再び転職を考えるようになってくるのが不思議と人間の真相心理のようです。

また、転職が上手くいくと「自分はやれば他の会社でもやっていけるスキルがある!」と勘違いしてしまい、転職先の会社でもイマイチ身が入らず、やる気が起きない毎日が続き、自分を過大評価してしまう傾向になるようです。

しかし、勘違いしてはいけません。転職を繰り返すほど条件が厳しくなり、雇ってもらえる会社が少なくなっていきます。

また、現在では一般的に35歳を超えると派遣業以外は正社員としての雇用は厳しくなるという状況のようです。

転職グセがついた人の失敗例としては、気が付くといくつかの会社を転々とし、仕事に生きがいを見いだすこともなく、技能や能力はもちろん、給料も上がらないまま年だけを重ねることになります。

やっぱり、転職する理由としては「スキルアップ」しながら自身を磨き、自身の社会的な立場を確立していく存在になっていきたいという強い思いが成功する転職なのではないでしょうか?

例えば、会社に入ってすぐに「自分には向かない」とか、「○○をやりたいのに××の部門に配属された」とか、思い通りの環境下にならなかったとします。

そんな時はすぐに辞めようとは思わずに、「とにかく一年頑張って仕事が一巡するまで見極めよう」と会社、仕事、職場を客観的に観察することです。

これが、よく言われる「現状認識」と称される作業です。

それと同時に、再度「自分が本当は何をしたいのか」をじっくり考え、変革の意識を高めたのち、本当に向いてないのであれば転職を検討してください。

その時に、「更なるスキルアップ」を望むのであれば、正直しばらく我慢して専門学校に行くなりしてスキルアップに専念したルートを検討していきましょう。

仕事をしながらスキルアップをするのは、聞こえはいいですがあくまで会社としては、あなたのスキルアップよりも目先の仕事や利益のことを優先しますので、思ったような効果が出なくなることが大半かと思います。

「もうしばらく我慢しよう」と思い直すのであれば、ただ我慢するのではなく、現状を改善する方法を自身で考えるか、時には別の部門への移動も考慮して行動するようにしましょう。

目的意識をしっかりもっていれば、会社にはいった後のフィードバックもかけやすいし、場合によっては、会社側もフォローしてもらえる可能性もあります。

 

「転職グセ」をつけないために、あくまで会社という組織に雇用されるという自分の立場を再認識し、会社の目指す方向と自身の向う目的をうまく摺合せつつ、将来のことを考えていくとよいかもしれません。

とにかく「夢」を掲げてメンタル的に自身のテンションを盛り上げるようにしましょう。

自信の夢や目標を文字に書いて、自分の普段目に届く範囲に貼りだすことで、それが意識づけとなって集中力が増すという心理データがあるようです。

よく受験生が「合格」というハチマキや貼紙をするのもその効果を狙っているため、案外漫画やテレビでよく見る光景も馬鹿にできないのです。

私が転職活動をしている時にある転職エージェントのセミナーに参加した際に、セミナー内で言っていたことは、「自身のしたいことが価値観の基準になる」ということでした。

つまり、結局転職が成功するか失敗するかは、自分の価値観でこそはかるべきで、他人が決めることではないということです。

 

今一度自分の気持ちを棚卸ししてみてはいかがでしょうか??

関連記事