転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

転職活動は会社には極力バレないように

転職活動は会社に在職中にする場合と、会社を退職した後に動き始める場合があります。

会社を退職した後であればある意味自由気ままに活動できるのですが、在職中となればそうはいきません。

転職活動を仕事に支障をきたさないように注意しないと後々面倒になります。

よほどのダメ社員でない限りは必ず上司に引き止められますし、同僚や部下に口を滑らせて話そうものなら噂はすぐに広がります。

また、噂には必ず有ることないことが追加されて、気付いたら「お前、会社に不満があって辞めるらしいな!」なんて、上司に呼び出される可能性だってありえます。

円満退職についてのノウハウは追々紹介するとして、まずは次の転職先が決まるまでの間、出来るだけバレないように工夫しながら転職活動を行うことをおススメします。

転職活動は、基本的には勤務時間外に行うべきものです。

平日なら昼休みやアフターファイブの時間を活用します。面接を受けに行く時は休暇をとって時間をつくります。

勤務時間中に抜け出して行くのはバレる危険性が大きいうえ、会社に対する背信行為になります。

また、採用応募企業側も平日の日中の場合「本日はお仕事お休み頂いたのですか?」と、最初の会話づくりに聞かれ、「転職活動については会社のほうはご存じですか?」という質問も、人事の人は聞きたい内容になってきます。

なぜならば、内定をもらってから「やっぱり会社に引き止められたので辞退します」という応募者は意外と少なくないからです。

はっきり言いますが、内定をもらったあとの辞退をした企業へは、数年経った後に再度応募しても書類審査で不採用となります。

企業側も内定を出すために、社内調整や役員稟議等の書類関係を終えて初めて内定を出します。

苦労して内定を出したのに辞退されると、今までの苦労が無駄になるばかりか、「それなら他の応募者にすればよかった」という状況になってしまいます。

これはお互いにデメリットでしか無いため、絶対に避けてください。

但し、片手間で転職活動をするほど甘くは無いので、よほどの覚悟をもって転職を決意されていると思いますので、最後の最後で会社に引き止められて折れるようであれば、もう転職などは考えないことです。その現職の会社に対して定年まで尽くしてあげることをおススメします。

また、何社も応募して面接が多数ある場合、有給休暇の残日や現職の仕事の進捗状況に影響がでるようであれば、一日に午前と午後に分けて2社受けに行く等して工夫をしてください。

応募企業も事情を説明すれば、ある程度の日時・時間帯は調整してくれます。

(但し、役員面接はなるべく応募企業の意向に沿うようにしましょう。ただでさえ忙しいい役員の時間をとってもらっているので、あまりわがままを言うと印象が悪くなります)

在職中の転職活動で気を付けること

・携帯に着信があっても出ない。席を外して人目が付かない所で折り返しかける。

・会社のメールでの連絡はNG。いつどこで誰が見ているか分からないし、誤送信の危険もあり。

・カバンや机の引き出しに求人雑誌資料や履歴書・職務経歴書が入っていることのないように。

・転職先が決まるまでは誰にも話をしないこと。

・有給休暇を頻繁に多用しないこと。

最近は転職エージェントサイトに応募をして、携帯にメールで情報のやり取りをできるため、バレ難くはなっていると思いますので、そういうメリットも活用していきましょう。

また、会社にはバレずにと言いましたが、いざ辞める時のキーパーソンには根回しをしておきましょう。

例えば自分が在籍している部門の部長に「最近仕事について悩んでいる」とか「両親の体調が良くない」等の伏線をはっておくことで、転職活動のための有給休暇を取得しやすくなりますし、辞める旨を伝える時もいきなり言うより、段階を踏んでおく方が相手も受け取り方が違ってくるはずです。

自分なりに工夫を行いバレないように気を付けて転職活動をおこないましょう!

関連記事