転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

円満退職するためには

転職活動を行い、希望する企業に内定が決まった段階で、現職の会社を退職することは避けては通れません。

そして、転職において「円満退職」するためにはどのような準備・配慮が必要なのでしょうか?

まずは、転職を決意したら第一に退職のための準備をしなければなりません。

どんな場合であっても、退職する時は円満退職を目指さなければいけません。

どのような原因があろうとも、ケンカ別れのような形で会社を辞めては、転職した先の人事担当者が前の会社に問い合わせをした際に悪く言われ、転職先で居づらくなってしまいます。

「そんな大人気ない話・・・」と他人事のように考えてはNGです。

大人だからこそやり方が汚く、そしてその影響も大きいということを再認識してください。

まず会社の規約をよく読み、退職の通告は規定通りに円滑に上司に報告します

おそらくほとんどの会社が「退職の意を退職する一か月前に報告する」といった内容ではないでしょうか?

派遣系であれば出向先との契約のカラミもあるので、必ずしも一か月とは限りませんが一般的に長くて2ヶ月と考えておいてください。

これは、引き継ぎ等の時間も考えた常識的な日程になっているので、まずは一か月、会社側が渋るようであれば最長で二か月迄と区切りを決めて交渉しましょう。

そうでないと、ずるずる延長していき転職先の会社に迷惑をかけてしまう可能性も出てきます。

そこは、キッパリと割り切って、後ろ髪引かれる思いを振り切って決断しましょう。

ここで大事なのは、あなたの退職は何らかの形で会社や後を引き継ぐ社員や仕事仲間、取引先にも迷惑をかけているということを意識してください。

ある程度は自分都合の転職になりますが、「去る鳥後を濁さず」ではないですが、なるべく迷惑をかけないように配慮することで、周囲の人もいろいろ手伝ってくれるかもしれません。

また、注意して頂きたいのが周囲に会社を辞めることを漏らしたり、あちこちで吹聴して歩くのは感心しません。

間違えてはいけないのが、退職の公表は会社の仕事であり、自分から言うのは本来であればルール違反です。

公表されてから、引き継ぎや残務処理に全力を尽くすのが社会人としての常識です。

円満退社

トラブル回避のために「上司には早めに相談」をしておくこと!

会社に対して退職願を提出して受理されてから「退職」となりますが、退職届をいきなり社長にもっていくワケではありません。

まずは直属の上司に提出をします。

その際にいきなり退職願を提出して、明日からもう来ませんみたいなことではなく、「個人的な相談があるのですが・・」みたいな感じで、個室の会議室等で「熟慮した末の結論」である旨を伝えましょう。

ここで重要なのははっきりとした言葉で退職の決意が固いことを伝えることです。

あいまいに「転職を検討していて」とか「今の仕事内容に不満が」みたいなことを言うと、上司は必ず泣き落としや今より良い環境への改善もしくは部署転換を提案してきますが、本当にそこまで考えているかは、上司の裁量によってきます。

上司はマネジメントする管理職にある訳ですから、正社員である部下が退職することは会社からみて「あいつは管理ができないやつだ」と判断されてしまい、査定に響くことを恐れて、自身の身を守るためにあの手この手で引き止めようとしてきます。

卑怯な人では出世話を持ちかけて引き止め、しばらくたっても音沙汰なしにするケースも多々あるようです。

そんな出世話にふらつくような決意で転職する思いは揺るがないと思いますので、キッパリと断りましょう。そうでないと、上司が「まだあいつは悩んでいる、検討中だ」と勝手に解釈をして、退職願を受け取らない若しくは上司が預かってしまい机の中に眠ってしまうというパターンに成りかねません。

トラブル回避のためにこちら側もある程度の準備と覚悟は必要です。

関連記事