転職に関心がある方向けに転職のノウハウや転職サイトの選び方を御紹介しています。

転職サイトの見分け方

tensyokusaito01

最近では会社が労働者を選択するのではなく、逆に労働者が会社を選択できる時代になってきました。そのため、会社の将来性や自分の将来ビジョンに相違が生じると、環境を変えるために転職という選択をとる人たちが増加しています。

特に入社3年目以上から管理職候補までの間が多く、自身の未来を見据えて決断する方がほとんどの割合を占めているそうです。

そうした中、転職活動をする際に転職サイトを利用するのが主流になっています。

転職サイトとは厚生労働大臣の許可を受けた民間の職業紹介会社のことです。

一昔前では、自分の人間関係を頼るか一般の求人サイトを使用して希望する企業へ応募をしていましたが、この転職サイトは自分の今までのスキルや経験、今後どういった職業や業種につきたいのかを元に希望にマッチする企業を提案してもらえるサービスが受けれます。

しかも無償でそのサービスが受けれるため、登録さえしてしまえば後の面倒な処理や調整を全てお願いすることが出来るのです。

業界の中では転職サイトが主流になってきているため、求人を出している企業も転職サイトに全て任せている節も見え、一般求人は逆にろくな審査もしないうちに断っているようです。

そんな今では無くてはならない存在となっている転職サイトですが、その良し悪しの見分け方は存在するのでしょうか?

どこの転職サイトも同様なサービスなのでどこでも一緒じゃない?という意見がありますが・・・答えは「NO」です。

転職サイト自体の役割・サービス

まずは転職サイト自体の役割・サービス内容を理解しましょう。

tensyokusaito02

簡潔に説明するならば転職サイトは登録者(私)の事前準備から応募企業との調整までを橋渡すのを無償でしてくれるサービスなのです。

つまり登録者(私)の負担が減少し、より転職活動に注力できる環境を整えてくれるのです。その橋渡すサービス内容が各転職サイトで違います。そこが良し悪しを判断するポイントになります。大体転職サイトにサイト経由で登録を行うと、転職コンサルタントとの面談を要求されます。まず自身のスキルと経歴と転職理由、希望する職種や業界についてヒアリングを行い、そこで転職することに対して的確なアドバイスとフォローができるコンサルタントがいるかで評価が違ってきます。

良い転職サイトは内容によっては登録者の転職に「待った」をかけます。これは「仕事が大変」「人間関係が難しい」等はどの企業や職場環境にも付き物ですし、現状より改善する保障はありません。

それであればキャリアを詰める現職を我慢して務める方が今後メリットに繋がるからです。

転職際と経由でエージェントにあう際の注意点

逆に、「すぐに転職するべき」「早期決戦で」と押してくるようでしたら注意が必要です。

なぜなら、転職サイトは応募者に対して無償でサービスを提供してくれますが、応募する(求人を出している)企業から入社が決まった人の年収に対して30%程度の報酬をもらっています。つまり、年収500万の人であれば150万です。これはかなりの暴利だと思います。そして、各コンサルタントには月々のノルマが定められています。出来ない人はとにかくノルマを達成しようと必死です。

そうすると、登録者は単なる商材扱いとしか見られず、こちら側の希望や思いが100%伝わらない可能性が出てきます。

また、そういうコンサルタントに限ってサービスが悪く、こちら側の連絡に対して回答のレスポンスが遅かったり、アシスタント経由の定型文メールばっかりで、血が通ってない対応をしがちです。

また、面談や相談の電話予約をした際に後伸ばしにしたり、こちら側の話に対して転職市場の一般論を返して意見を捻じ曲げようとするのも要注意です。

特に有名でCMをやっているような某転職サイトはその傾向が強いです。(あくまでそのコンサルタントの能力によると思いますが)

私の経験上、求人企業の取り扱い規模や日程調整、アフターフォローなどはどの転職サイトでもほとんど同じだと思います。

しかし、自分の未来を左右する重要なサポートを二人三脚で対応してくれる転職サイトは限られていると思います。

これは、最初に直接担当のコンサルタントと面談もしくは電話したときの反応で分かりますので注意してみてください。

また、逆に自分は金になる商材なのだからサービスやサポートを惜しみなく受けてもよいという認識をもちましょう。